ヨガスタジオ結坐

HOME»  Lesson/Schedule

Lesson/Schedule

 

       





だただ、自分の呼吸の音にだけ意識を集中してみる。
れしか 聴こえない。


っくりと、まわりの喧騒が遠ざかる。
分と向き合うことで、
穏やかなこころを取り戻す。

しいくらいのひかりとか・・・
れていく雲・・・
たち、虫たち・・・
きとおった空気・・・


別なものほど何でもないような顔をして
 いつもそばにある。

してここにわたしがいる。
たしのからだがここにある。







  如月 (きさらぎ・2月)

HP特典
只今体験レッスン受付中
体験したその日にご入会の方は、入会金50% OFF
¥10,800 → ¥5,400

(2018年2月28日まで・先着5名様とさせていただきます。)

完全予約制です。
まずはお電話にてお気軽にお問い合せください。






2018年                 睦月 (むつき・1月



  師走(しわす・12月

                                               霜月(しもつき・11月

                                               神無月(かんなづき・10月

  長月(ながつき・9月)                                                  


  葉月(はづき・8月)

  文月(ふみづき・7月)
                                    
  水無月(みなづき・6月)

  皐月 (さつき・5月) 

 卯月 (うづき・4月)

 弥生 (やよい・3月)

  如月 (きさらぎ・2月)

2017年                 睦月 (むつき・1月




  師走(しわす・12月

                                               霜月(しもつき・11月

                                               神無月(かんなづき・10月

  長月(ながつき・9月)

  葉月(はづき・8月)

  文月(ふみづき・7月)
                                    
  水無月(みなづき・6月)

  皐月 (さつき・5月) 

  卯月 (うづき・4月)

  弥生 (やよい・3月)

  如月 (きさらぎ・2月)

2016年                睦月 (むつき・1月

 

                                               
                                             
                                                                                                                                        


                                                
                                                
                                                
                                                
                                                
 

SCHEDULE - スケジュール

1レッスン90分
  

 

 

SUN

MON

TUE

WED

THU

FRI

SAT

MORNING

10:00
※1

10:00

10:00

10:00

9:00

 

10:00
※1

DAYTIME

  12:00
※2

 13:00
※2

12:00
※2

14:00
※2

14:00
※2

 

13:30
※2or3

NIGHT

 

18:00
※2

19:30

18:20

20:10

20:00

 

20:00
※2

 

※1 日曜10:00 土曜10:00 20:00 / 臨時休講有り 
(季節により時間変更になっているところがあります。)
 
※2 …プライベートレッスン、マタニティーレッスン、指導者養成基礎コース、その他クラスetc。

※3 …土曜13:00~月一回は東日本大震災の復興支援・写仏とyogaの会になります。
どなたさまもご参加頂けます。


その他日時応相談 御電話にてお問い合わせください。

※各月、若干変更があります。
メンバーの方にはマンスリースケジュールをお渡ししています。

 

 

 



 

▲Topヘ







 

2月メニュー/2018
 

2/3(土)~3/1(木)です

 

 
季節の節目、節分。
邪気(鬼)を追い払う豆まき。
「福は内。鬼は外。」

良いも悪いも“おかげさま”。
福もおかげさま。
鬼もおかげさま。

総てに感謝の念を持った時、
「福は内。鬼も内。」
こういう余裕が生まれてくるのでしょう。


皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします








HP特典
只今体験レッスン受付中
体験したその日にご入会の方は、入会金50% OFF
¥10,800 → ¥5,400

(2018年2月28日まで・先着5名様とさせていただきます。)

完全予約制です。
まずはお電話にてお気軽にお問い合せください。





शान्तिः शान्तिः शान्तिः
  
Om Shanti Shanti Shantih~ 



 

 

1月メニュー/2018 

1/6(土)~2/1(木)です

 



初めての方へ


・・・ お正月
 ・・・


一に止まる…と書いて『 正 』。

一とは基本。
一とは原点。
そこに止まる。
そこに戻る。
そこに立ち帰る。

原点に立ち帰る月。

 
こころ静かに一度坐る。
こころを一に止める。
そこに戻る。


本来の自分が観えてくる。
物事の本質・根本が観えてくる。

 
初心忘れるべからず。
『 一 』の尊さを感じる。
 
 
 
 
お正月に掲げる新年の抱負。
誰もが今年もいい年にしたい!と何を実践すべきか考える。
yoga的におすすめする新年の迎え方。
それは、『 ひとつやめる 』こと。
 
新たな習慣を取り入れる前に、古い習慣をやめてみる。
良くないとわかりつつダラダラと続けている習慣。
それをやめてみる。
「やめる」を実践する。

「やめる」ですぐ浮かぶのは物理的な“禁○○”ですが、
yoga的なヒントとして、
「悩む」「落ち込む」「考えすぎる」や、
「怒る」「イライラ」など、
こころが持つ癖をひとつやめてみるとか。。。


忙しく急ぎ過ぎるこころにブレーキをかけて、
一度止まる。
一に止まる。
「“やめる”をやる」という実践もある。

 
両手にいっぱい抱えていては新たなものは持てませんから、
長年キャリーしている良くない習慣を手放してみること。
どうぞおひとつ“やめる”をやってみませんか!(笑)




 

明けましておめでとうございます。

今年も素敵な御縁を んでまいりましょう。
どうぞよろしくおねがいいたします。

HP特典
只今体験レッスン受付中
体験したその日にご入会の方は、入会金50% OFF
¥10,800 → ¥5,400

(2016年5月・先着5名様とさせていただきます。)

完全予約制です。

まずはお電話にてお気軽にお問い合せください。
 





शान्तिः शान्तिः शान्तिः
  
Om Shanti Shanti Shantih~ 



 

 

12月メニュー/2017
 

11/20(月)~12/17(日)です

 






・・・ 忘れる
 ・・・



ガンジー氏も言われました。

握り拳と握手はできない。
「目には目を」という考え方では、
世界中の目をつぶしてしまうことになる。

私たちは人生の中で、日々いろんな出来事が起こる。
その出来事、その経験で、そこから何かを学んだなら、
あとは起きたことは忘れてしまおう。

ほとんど忘れてしまっていいのである。

でなければ、後悔や迷いが頭から離れることがないだろう。

弱い者ほど相手を許すことができない。
許すということは、強さの証だ。



・・・ 許す ・・・






शान्तिः शान्तिः शान्तिः
  
Om Shanti Shanti Shantih~ 





2017年 お疲れ様でした。
ふたつの手を合わせて、
そこに感謝の気持ちを合わせて、
今年も本当に有難うございました。
合掌  



 

 

11月メニュー/2017
 

10/23(月)~11/19(日)です

 


・・・あるがままに見る・・・



こんな例えがある。

『 川に浮かんでいる空舟が、自分の舟にぶつかってきても文句は言わないが、 
もしその舟に人が乗っていたら怒り出す。 』



もしその舟に、
「見るから弱そうな人が乗っていたら」
「後輩だったら」
「いつもやんちゃな近所の悪ガキだったら」…。

「恐そうな人だったら」

「上司が乗っていたら」
「すごく美男(美女)だったら」…笑。
舟がぶつかったという出来事は同じなのに。


 
自分の好きなタイプの後輩がミスをしてもそう言わないが、
嫌いなタイプの後輩がミスをしたらネチネチとしつこかったりする。(笑) 
ミスしたという事実は同じなのに。



公園で子供が走り回ってもニコニコ眺めていられるが、
静かな図書館で走り回ったらうるさいと思ったりする。(笑)
走り回るという事実は同じなのに。



自分の体調が良く余裕があるときは人から意見されてもあまり気にならないが、
体調が悪く気分が落ちているときだとめげたり、逆に反発したくなったりする。(笑)
言われたことは同じなのに。


 
同じ出来事なのに価値観が一定ではなかったりする私達のこころ。
「相手」や「環境」や自分の「気分」によって対応が全く違う。

ということは「相手」や「環境」や捉える人の「気分」によって、
何十何百通りもの様々な見方や捉え方があるということ。

ということは自分が今感じていることは、
見方をほんの少し変えるだけで全く違う感じ方ができるかもしれないということ。

「もし○○だったら…」。
相手や環境や気分を置き換えてみる。
そのものごと事態をあるがままに見てみれば、
そうそうイラつくこともなさそうです…(笑)
 



 
ものごとをあるがままに見る。
どんなときも柔軟な見方を心掛けたいものです。







शान्तिः शान्तिः शान्तिः
  
Om Shanti Shanti Shantih~ 



 

 

10月メニュー/2017
 

9/25(月)~10/22(日)です

 






・・・ 
 木守り ・・・


『 柿ひとつ木に残し遠い山には雪 』


昔の人は柿をもぐ時「木守り」といって、
必ずひとつやひたつは木に残したそうです。
木の景色ともなり、
また鳥たちへの思いやりでもある。


私たちも大自然の一部であり、
大自然によって生かされている。

自分だけで生きている人間は一人もいないと自覚し、
『 つつしみ 』のこころを持って生きたい。





शान्तिः शान्तिः शान्तिः
  
Om Shanti Shanti Shantih~ 



 

 

9月メニュー/2017
 

8/28(月)~9/24(日)です

 



には姿がない。
雲が流れ、ススキの穂が踊り、
木の葉が舞う姿を通して、風を知る。

 

秋にも姿がない。
青かった草木が紅に染まり、果実が熟すことを通して、
秋を知り、秋を頂くことができる。

 

姿なく形なく、そこにある。


貴方も私も愛しい人もそうでない人も動物も植物も、
自然のままに等しい生命の分身で。

 

無常に生かされていることを忘れない。




शान्तिः शान्तिः शान्तिः
  
Om Shanti Shanti Shantih~ 



 

 

8月メニュー/2017
 

7/24(月)~8/24(木)です

 





・・・ 
「散り蓮華」 ・・・


スタジオの蓮が開きはじめてくれた。

まだ少し暗い早朝、インドの子供達は蓮池へ蓮を積みに行く。
そんなインドの朝の風景を思い出した。
遠く離れた国の風景をも繋いでくれる。


蓮の花びらはらりと。
その姿に似ているからと名付けられた「散り蓮華」
そう陶器の蓮華(レンゲ)のスプーン。

仏さまが座られているのも蓮の花。
はらりと落ちた花びらで、
この世で初めて蓮茶をすくって飲んだのは、
きっと仏さまだろう。。。
 



御盆。
仏さまやご先祖さまに感謝し、
家族みんなで手をあわせたい。



楽しい時には笑顔が育ち、
苦しい時には心が育つ。


そして、気付くのですね。
「有難い」って…。
今日も感謝して生きましょう。





शान्तिः शान्तिः शान्तिः
  
Om Shanti Shanti Shantih~ 







 

 

7月メニュー/2017
 

6/26(月)~7/23(日)です

 






・・・ 
麻布の暖簾 ・・・


麻布の暖簾を玄関先にかけると中に悪いものが入ってこないという、
「魔除け」の力があるとされるそう。

昔はそれぞれの家の暖簾が家族の幸せを見守っていたそうです。

今日でも老舗の暖簾が麻で出来ていたり、
縁起物として良く用いられます。

麻はまっすぐに空に伸びることから、
そんな想いを込めて、
赤ちゃんの産着の柄に麻の葉模様が使われたりするそうです。

そんな想いを込めて、
スタジオの暖簾を新調しました。





शान्तिः शान्तिः शान्तिः
  
Om Shanti Shanti Shantih~ 



 

 

6月メニュー/2017
 

5/29(月)~6/25(日)です

 








大方の花達は雨に打たれると、 
色あせ、
うな垂れ、
散り乱れるのに、
貴方は降るほど元気になる。

雨が避けられない以上、
むしろ両手をひろげて、
「雨をようこそ!」と受け入れ、
雨が降ってくれた“おかげ”で、
「こんな生き方ができた!」と言えるような、
そんな生き方ができたらいいな。


紫陽花のように。




शान्तिः शान्तिः शान्तिः
  
Om Shanti Shanti Shantih~ 







 

 

5月メニュー/2017
 

5/1(月)~5/28(日)です

 





・・・ 空からはじまる ・・・


竹を切る。
まん丸の輪の中。
中はからっぽ。

からっぽだから、何かが入る。

「空からはじまる。」

いっぱい持っている手に何も持つことが出来ないように
自分の考えも捨て切って
からっぽにならなければ、
どんなに素晴らしいことも
受け入れることが出来ない。

十二単を着て、
土の中から出てきた竹の子は、
一枚一枚脱ぎ捨てて裸になり、
中も空っぽになる修行をしながら、
天に向かって伸びていく。




“我”の考えを捨てて「空からはじまる」・・・
わたしたちも空っぽになる修行。






शान्तिः शान्तिः शान्तिः
  
Om Shanti Shanti Shantih~ 







 

 

4月メニュー/2017
 

4/3(月)~4/30(日)です



スタジオ沿いの菜の花は、すっかり背の高さを越しました。


蜜蜂の足に花粉が付いて、
羽根を震わせながら花から花へ…。

日本蜜蜂が一生に集める花の蜜は、
ティースプーン1杯だそう。

人はその1杯をなんと簡単に口に運んでいることか…。

スプーン1杯を見ながら、
今日もせっせと花へ通う蜜蜂のことを思い浮かべて、

『 おかげさま 』。






शान्तिः शान्तिः शान्तिः
  
Om Shanti Shanti Shantih~ 

 

 

 

3月メニュー/2017
 

3/6(月)~4/2(日)です

 






まだカレンダーのなかった時代...

人々は芽吹きや咲き始める花、
雪解けによる山肌の雪形を見て、
自然の変化を農作業に活用し、
田植えの時期を知り、
その準備に取りかかったそうです。

解けた雪は水となって、
大地を潤し、
春を待つ生きものにも届くのでしょう。


春のはじまりは、冬のおわり。


季節は行きつ戻りつしながら、
いつのまにか進んでいる。

一緒に進もう。

少し早起きして日の出の時を味わったり。
からだにもこころにも清々しい春ですね。





शान्तिः शान्तिः शान्तिः
  
Om Shanti Shanti Shantih~
 
 

 

2月メニュー/2017


2/6(月)~3/4(土)です。




『 御縁 』
『 おたがいさま 』
 『 わかちあう 』


自分のこころをシンプルにして
素直にでてくる 

『 ありがとう 』
『 ごめんなさい 』



そして・・・  『 ゆるしあう 』
すべては・・・ 『 おかげさま 』



とらわれない  
こだわらない  
かざらない  

こころに素直で有れます様に。。。





शान्तिः शान्तिः शान्तिः
  
Om Shanti Shanti Shantih~ 


 



 

 

 

 

1月メニュー/2017

1/5(木)~2/1(水)です。


 






・・・ 次を急がない ・・・
 


次の呼吸を急がない。

次の一口を急がない。

次を急がない。



「時間の節約」という理由づけで、
「次を急ぐ」がために忙しい自分になっていないだろうか。


いつもイライラ、セカセカ、ソワソワしている自分になっているとしたら、
「節約したつもりの時間」は、
自分を豊かにするどころか、
こころを貧しくしている。



一日のうちに数秒でもいいから、
「急ぐ自分」をみつめる「急がない自分」
の時間を大事にしたいと思う。




शान्तिः शान्तिः शान्तिः
  
Om Shanti Shanti Shantih~
 
 



 

明けましておめでとうございます。



今年も素敵な御縁を んでまいりましょう。

どうぞよろしくおねがいいたします。
 



 

 



 

 

 

 

12月メニュー

11/23(月)~12/20(日)です。

 




・・・ 手を合わせる ・・・


合掌は、もともとインドに起源があると言われています。

インドでは、ナマステー(namaste)の挨拶とともに       

両手のひらを胸または顔の前で合わせて軽くお辞儀します。





たしかに合掌すると、

難しい理屈は抜きにして不思議と心が落ち着きますね。


合掌…その意味については諸説ありますが、

信仰に関係なく共通しているのは

『手を合わせること自体に精神を鎮める効果がある』

とされていることです。





片方の手を自分とすると、もう片方が神様or仏様。

両手を合わせることで神様or仏様と自分がひとつになるということ。



食事の前に「いただきます。」と手を合わせるのは、

食物の命と自分の命がひとつになること。



他人に向かって合掌することは、本来深い尊敬の念を表すということ。

「私はあなたに敵意を持っていません。」

「私はあなたとこころから仲良くしたいのです。」

「すべてのものことと調和し、一緒に喜び合いたいのです。」





また、心が少し沈んだときもそっと両手を合わせてみるとき。

そして「ありがとう」とすべてのことに感謝してみる。





「すべてのこと」とはなんだろう。

自分が家族が仲間が健康であること。

働ける仕事があること。

役に立てる場所があること。

住む家があること。

安心して眠れる場所があること。



もっともっと。

目が見える。

耳が聞こえる。

呼吸ができる。

ものが食べられる。

2本の足で歩ける。







一見、当たり前と思えることに感謝するだけでこころが安らぎます。

『 私はこんなに幸せだったことを忘れていた 』と。



 

   

プロフィール

 

11月メニュー

10/24(月)~11/20(日)です。


 


 

・・・与えることはいただくこと・・・



yogaをしながら感じることのひとつに

「与えていると思っていてもそれはいただいている」ということです。



ポーズをとってからだに刺激を与えているのは自分ですが、

それを受け取っているのも自分です。



自分で作り出した緊張と弛緩を自分で味わえることに

yogaの面白さがあります。



これが、自分に対する「加減」を知る力になったり、

自分以外の人に対する「加減」を察する力にもなっていくのでしょう。



そして、私たちは何かを与えようとするとき

「与えたい」という『 こころ 』をその瞬間にいただいています。



それは親から子への愛情であることや、

まわりの人への思いやりであることや、

自分へのねぎらいであることや…。



いつもいつも「いただいている」のですね

 



 

 

 

 

10月メニュー

9/26(月)~10/23(日)です。

 

 

 

 


・・・毎日を穏やかにyoga的に過ごす・・・




いつどんなときでも…(忙しいときほど…)

笑顔を抱いて生活することが

“yoga的に生きる”ことに繋がります。




日々、ライフスタイルの中にyogaの智慧を。

じぶんとまわりと

上手につきあっていきましょう。










 

 

 

 

 

9月メニュー

8/29(月)~9/25(日)です。

 

 

 

 



握りしめたこぶしをひらいてみる。


実はその中には何も入っていないものだと気がつきます。








शान्तिः शान्तिः शान्तिः
  Om  Shanti  Shanti  Shantih~



 

8月メニュー

7/25(月)~8/28(日)です。

 

 

 

 


・・・  उल्लम्बन ウラバーナ ・・・
     
  
「お盆」の言葉の本来は「盂蘭盆(うらぼん)」

語源はサンスクリット語の「ウラバーナ」

 


お盆は、日頃の感謝の気持ちを   
ご先祖様に伝えるいい機会ですね。  

個々の仕事や家庭の事情、
お墓やお仏壇の有無、
ご実家やお墓参りの遠近、
また地方によって日程や方法も異なるようですが…。

想うこと。。。
そのこころはみんな同じはず。


以前、師から学んだ言葉が残っています。
「一本の花でもたむけなさい。
小さくでもいい。
手を合わせて偲びなさい。

 向こうは、あたり一面の花畑と
あなたの愛に包まれたところになるのだから。」


天国にいる故人に御供したものは、
100倍になって届くのだそうですよ。

・・・namaste・・・ 合掌。







शान्तिः शान्तिः शान्तिः
  Om  Shanti  Shanti  Shantih~










 

7月メニュー/2016
 

6/27(月)~7/24(日)です。
 

 




・・・ 手放す ・・・

yogaでは、
吸う息よりも吐く息に、
新しい物事を獲得することよりも、
余分なものを手放すことに重点を置きます。

「こうなりたい、ああなりたい」
願望を持つのは素晴らしいこと。
でもyogaではそれらを一度手放してみる。


執着やこだわり。
願望なのか欲望なのか。
おまけに見栄とか、意地とか、しがらみ。
あれもこれもと背負い込んで、
背負い続ける荷物が、
こころのゆとり(スペース)を埋め、
人生を「窮屈に」「息苦しく」しているのかも知れません。


『手放す』ということはとても難しく、
誰でも簡単ではありません。
が、yogaの最中だけでも手放してみる。
頭の中を忙しくするのはやめて、
ただ自分のからだ・こころ・呼吸に意識を集中させる。

本当の意味で、yogaの効果が実感できますように。

 

 


『手放す』という考え方は、
生きていく上でとても大切なこと。
自己を手放す。
物事の結果に執着しない。

荷物を下ろし身軽になって、
大いなるものの流れや                
自然の摂理にゆだねてみる。


手放した結果、
最初の目標をいつの間にか実現していたり、
もしくは最初の目標よりももっと大きなことに出会えていたりというのも、
yogaの魅力だったりします。

『欲望を手放すことによって、願望が実現する』のかも知れません。





शान्तिः शान्तिः शान्तिः
  Om  Shanti  Shanti  Shantih~






 

 

6月メニュー/2016
 

5/30(月)~6/26(日)です。
 

 




しっとりとした趣のある時間 
じっくり向き合えば 
奥が深い。
静かな雨に大人の楽しみを観つける。
 
 
 
子供のころ、
雨の日にもどこかワクワクする気持ち。

大人になった今、
雨は少し暗く憂鬱な存在に分類している。
 

 
あらためて新鮮なこころでむきあって観る。
 
いつもの景色に音や、匂いや、色彩。
いつもと違った魅力を魅せてくれるのが  
雨だったと気付く。
 
 
 
水たまりで願いごと。
雨の楽しさをもう一度観直してみた。
 
水たまりでパシャパシャ 
足踏みを繰り返してたあの時。
 
ひょいひょい 
っと飛び越えたら 
いいことあるのも 
わかってきたね。
 
雨でも晴れでも
てくてく歩こ―っと。
 


 
“ no rain,  no rainbow ”

ハワイのことわざだそうです。
『 雨なくして、虹はなし 』
 
雨も有難く、
素晴らしく美しく、
大切なものですね。。。
 

 



शान्तिः शान्तिः शान्तिः
  Om  Shanti  Shanti  Shantih~






 

 



 

▲Topヘ







 

5月メニュー/2016
 

4/25(月)~5/29(日)です。
 

 




 
『 蓮は泥より出でて泥に染まらず...』   
 

蓮の花が開く朝、
太陽の光が降りそそぎ、
その花びらはピュアーで  
一枚一枚が夢のように美しい。
 
 
 

 
太陽のようにあたたかく、
月のように美しく、
大地のように力強く、
 
両手をあわせて 
たっぷりとエネルギーを
 「いただきます!」
 
 
こころ穏やかに手を合わせると
大切なものが見えてくる
本当の自分が見えてくる




 
शान्तिः शान्तिः शान्तिः
  Om  Shanti  Shanti  Shantih~






 

 

4月メニュー/2016
 

3/28(月)~4/24(日)です。
 

 






 
・・・ 明日死ぬかのように生きよう 永遠に生きるかのように学ぼう ・・・ 
マハトマ・ガンジー 
 
 
 
明日もし死んでも悔いが残らないというくらい  
今日一日を大切に生きる。
 
目先に囚われない今日の学びは、
永遠に通じる豊かな智慧。
そして今夜を迎える。
そして次へ繋げる。

 
人生を後悔しないために、今できることはなんだろう。

 
一番大切なことは、
「一番大切なことを 一番大切にすること」
 
その「一番大切なこと」に、
できるだけ早く気づき、それを大切にすること。
それが人生を幸せに生きるための秘訣かもしれませんね。

 
失ってから気付くのではなく、
当たり前などなく、
何も無い事が本当に有難く。
 
死ぬときに大きな感謝をするよりも、
普段の日常で感謝を伝える。
人生でやり残したくないことを残さないために。
 
ときどき意識するだけで、
もっと優しく、
もっと日々を大切に生きられるような気がします。

 
自分のために、
家族のために、
愛するもののために、
ひとつでも多くの愛と感謝を伝えながら、
日々を過ごしていきたいものです。



 
शान्तिः शान्तिः शान्तिः
  Om  Shanti  Shanti  Shantih~






 

 

3月メニュー/2016
 

2/29(月)~3/27(日)です

 





・・・ こころの視野 ・・・


インドのお話です。
 
AさんとBさん。
二人は幼馴染で、小さい頃からをよく知る分かり合えた仲の良いお友達です。
Aさんは目が不自由でした。

ある日、Aさんが友人のBさん宅を久しぶりに訪ねました。
二人は積もる話に花を咲かせ、楽しい時間はあっという間。
ふと気付くと外は真っ暗な夜になっていました。

慌てて帰ろうとするAさん。
BさんはAさんを呼び止めて
「夜道は危ないから…。」
とちょうちんに灯りを入れ、持たせようとしました。

するとAさんが、真っ赤になって怒り出しました。
「目の不自由な私に灯りがいるわけがない。悪い冗談はやめてくれ。」

「あなたには要らなくても相手の人がぶつかってくると危ないでしょう。
だから持っていってくれないか。。。」

Bさんのその言葉にAさんはこころから納得しました。
Aさんは素直に「ほんとうにありがとう。」
灯りを持って帰りました。
 





生きていく中で… 

たとえ自分には不要なものでも、
相手には必要なもの。
 
実際に目に観えているもの、
観えていないもの。
 
目の前にあるもの、
そのもっと向こうにあるもの。

こころの視野をひろげて、
相手の立場に立って、
必要・不必要を考えてみること   
大切にしたいと思います。






 

 

2月メニュー/2016
 

2/1(月)~2/28(日)です

 




 ・・・ 流れる丸太 ・・・


快楽に溺れる極端、

苦行に苛む極端ではなく、

ゆったりと静かに穏やかに進む道。

どちらにも囚われない偏らない立場を『 中道 』。

yoga哲学のもとである考えのひとつ それは『 中道・バランス 』




厳しい苦行や反対の快楽に走ることなく、

自身のの目的にかなった適正な修行方法をとること、

そんな生き方が「中道」であると。。。





御釈迦様も「中道」を

“ガンジス河を流れる丸太”に例え説かれました。


『  そこでは、その流れる丸太が

こちらの岸に流れつかず

向こう岸に流れつかず

中流で沈みもせず

中州に打ち上げられもせず

人によって持ち去られもせず

人でないものによって持ち去られもせず

渦に巻かれることもなく

内部から腐敗していくこともない

ならば、海へと到達するであろうと・・・  』





頑張り過ぎない、

でもだらだらしない。


気張り過ぎない、

でも抜けていない。


限界超え過ぎない、

気持ちいいところ。


自分に優しいところ、

その一歩手前を静かに観察する。



こういうyogaを行った後は、

心身ともに軽やかで優しい気持ちが広がる。

中が静かに安定している感じ。




「善or悪」とか「正or違」とか

「損or得」とか「好or嫌」とか…の世の中。

それら“対”になるものの『 中道 』 






自然体に戻るyoga。。。

日々の中、なにごとも中道に持っていってみる。

matの上だけでなく、

生きている時間を毎日 笑顔を持ってyoga的に。。。






 

 



 

▲Topヘ







 

1月メニュー/2016
 

1/5(火)~1/31(日)です

 



鉄瓶

・・・あらためて想ふ『 一期一会 』の意味・・・


一期一会とは、

『あなたとこうして出会っているこの時間は、二度と巡っては来ないたった一度きりのものです。

だからこそ、この一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしましょう』 

という意味の千利休の茶道の筆頭の心得である。


平たく言えば、

『これからも二度三度…何度でもお逢いできるかも知れないし、

もしかしたら二度とお逢いできないかも知れない。

・・・と、いう覚悟で人には接しなさい』 

ということでしょうか。。。





私はこうとも学びました。

一期一会とは、

『いつも一緒にいる人に対して、「今日が最後」という気持ちで接する事』

明日も生きているという保証は誰にもない。

愛する人にご飯を作るのは、今日が最後。

この家を掃除するのも、今日が最後。

子供と遊べるのも、今日が最後。

大事な人と過ごす時間、それも今日が最後。





だとしたら・・・

もっともっとその時間を大切に丁寧に優しく接しませんか。

「そんな気持ちこそが“一期一会”です』と。



初めて逢う人もそうだけど、

いつもそばにいてくれる人にもそんな気持ちで接することを大事にしたい。。。




 

明けましておめでとうございます。

どうぞよろしくおねがいいたします。


今年も素敵な御縁を んでまいりましょう。




 

 

 

 

ヨガスタジオ結坐 YUFUZA


tel.0800-888-2808 (free)
Open hour:AM10:00~PM10:00〈不定休〉
Hikone Shiga

 



 

▲Topヘ